放課後等デイサービス「ちゃれっこくらぶ」

サービスの概要

 放課後等ディサービスは就学児(小学生~高校生)を対象としています。児童福祉法に基づくサービスです。
 美浜町、南知多町、武豊町の発達障害や知的障害、身体障害などの障害児を対象としています。子どもたちの余暇支援を基本とし、生活の中で子どもたちが困らないよう一人ひとりの障害特性に合わせ生活していくためのスキルを身に付けられるような場所を目指しています。

「ちゃれっこくらぶ」が大切にしていること

◆「ちゃれっこくらぶ」で育てる3原則  

 「ちゃれっこくらぶ」では子どもたちの「18歳の姿」をイメージしながら、それに向けた生活スキルを身につけられるよう支援を行っています。 例えばその日のスケジュールの伝え方などもそれぞれの障害特性に応じて対応しています。スタッフは「この子たちにはこの時間がどんな風に感じるだろう?」「この空間は子どもたちにはどんなふうに見えているのかな?」と子どもたちの視点に立って考えるよう心がけています。
 そして子どもたちの「強み」に目を向け、一歩ずつ少しずつスモールステップで「その子らしい18歳」にむけて支援を行います。

私たちの思い

 「大人になっても地域で暮らせるネットワークづくり」 個々の能力を伸ばす支援だけではなく子どもたちが大人になっても自分の住み慣れた地域で生きていける環境づくり、地域づくりをしていきたいと思っています。
 活動の中で講師に地域の人をお招きしてのお習字体験や日本福祉大学の学生との「運動プロジェクト」など地域に根ざした活動を取り入れ、環境づくり・地域づくりの一端になればと考えています。活動の中で子どもたちが地域のたくさんの人と出会い、地域の方々が子どもたちの応援団になって下さればと願っています。

活動の様子





   

 夏にはプールや海、秋にはハロウィン、冬にはクリスマス会やもちつきなど季節感を大切に活動内容を組み立てています。活動中に食べるおやつは地域のコンビニ等お店に買いに行き買い物体験をしています。  また、月に1度音楽療法や造形教室を行っています。

                     担当:籾山(もみやま)

| HOME | チャレンジドとは | 事業案内 | 活動記録 | 募集 | お問い合わせ |